« 遠傳 | トップページ | 統聯客運 »

2007年6月27日 (水)

高鐵左営

今日の午後4時のキャセイで大阪に帰ります。
高雄市内→高鐵左営→高鐵桃園→桃園機場のルートになります。 台湾新幹線が出来るまでは高雄市内→小港機場→松山機場→桃園機場のルートでした。
 国内線で移動していたときはホテルを11時に出て.12時前後の飛行機に乗ってました。今日は一応このルート初めてと言うことでホテル10時に出て11時の新幹線に乗りましたが.慣れると12時発でも大丈夫かな? このあたりは.高鐵桃園に降りてからでないと判りません。
 さて本題の高鐵左営車站ですが.思ってた以上に高雄中心部に近いです。 タクシー使っても15分200元多ぐらいかな? 一人でも十分利用できると思います。
 小港機場の時は30分と300元ほどかかっていました。距離云々より中山路と博愛路の交通量の差かな?まぁ北に住宅街延びでいるようだしこの状態いつまで続くか判りませんが....
 あと.高鐵左営利用にあたって注意することは.今のところ飲食關係のインフラが整ってません。食事はハンバーガー屋が一軒あるだけで.キオスクみたいなところも飲み物が少し置いてあるだけです。高鐵台北車站は高鐵自身には何もないのですがその上に台鐵台北車站がのっかていますから.そのあたりは不自由しません。
 今まで意識しなかったけど台湾の駅弁は台鐵便當なんですね.別会社の高鐵に便當は期待できませんが.そのうち構内の飲食に関しては良くなっていくと思います。ただ今は何もないに近い状態でし新幹線車内も弁当買えませんから.あてにしているとかなりひもじい思いします。

....ここまで書くともう台中に着いたみたい.台湾の国内線はフライト中ずーと電気製品の使用を禁止していますから.この様な芸当は出来ません。 やっぱり時代は新幹線かな? 遠東航空の小姐もそう言ってたな....

 

|

« 遠傳 | トップページ | 統聯客運 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213889/15574146

この記事へのトラックバック一覧です: 高鐵左営:

« 遠傳 | トップページ | 統聯客運 »